都留里山清流で、
自然から感じ学び深める。

宝の山
ふれあいの里
キャンプ場

4/1宝の山ふれあいの里キャンプサイトオープン
レンタル・販売品について
アクセス情報

「新着情報」

11月 JFC振り返りレポート番外編「縁づくりのJFC」(ばんちょ)

本記事は林業を通じた起業家マインドの育成を目指す「JUNIOR FORESTers CLUB」の活動レポートです。 「JUNIOR FORESTers CLUB」について詳細は下記をご覧ください。 https://takaranoyama.camp/news/naturecenter/448/   本日のメインテーマ「伐木のメカニズム」を竹田隊長と学びあっていた子どもたち。村(小形山)の講師?たちは突然のように必然に現れる。資料館裏にそびえたっていた「大ケヤキ」の木の話。写真を出しながら語り始める。 「大人が7人手をつないぐらいの幹回りで、大きかったよ」ほらと写真をさらりと出してきた。「ケヤキにあった穴蔵で博打やってたらしいよ、ぼくはやってないけどね」と山本氏。樹木の話だけでなく。樹木にまつわる暮らしや人々の感情、地域に移り変わりの話に子どもたちも真剣。「博打って、何?」とメモを取り始める。メモを取れば、疑問が沸く。「このケヤキの木は伐ってどうしたんですか?」「木はね、伐ってお金にしたらしいんだけど、それから、いろいろとあってね」と明言を避けた空気感は何とも言えず・・・私たち技術指導員の面々も引き込まれた。それから先のお話は館長に直接、お尋ねください。 こうして、、森の維持管理を学ぶだけでなく、起業マインドの育成を活動の理念に掲げるJFCは森の地主のみならず、小形山に住み、森の関わってきた住人とのセッションも、JFCに集う子どもたちとのマインドを繋ぐ重要な機能の一つとして、大切にしている。

2022年11月22日

11月 JFC振り返りレポート(佐藤怜)

本記事は林業を通じた起業家マインドの育成を目指す「JUNIOR FORESTers CLUB」の活動レポートです。 「JUNIOR FORESTers CLUB」について詳細は下記をご覧ください。 https://takaranoyama.camp/news/naturecenter/448/   ①面白いと思った事 木の組織のつくりが、中側が歳をとっていて外側が若い・ 樹皮や内樹皮、形成層、木貫部など、外側からは見えないものが木の中にあって面白いと思った。   ②気になった事 間伐をする種類(同じように傾いていたりしても種類によって先に切る種類があるのか?)気になった。 ③もっと知りたかった事 何故、木のバランスが悪いまたは、細いものから切るのか? 細い物はこれからがあるから、残してもよいのでは?    

2022年11月20日

11月 JFC振り返りレポート「木の組織と構造そして間伐」(佐藤翔瑛)

本記事は林業を通じた起業家マインドの育成を目指す「JUNIOR FORESTers CLUB」の活動レポートです。 「JUNIOR FORESTers CLUB」について詳細は下記をご覧ください。 https://takaranoyama.camp/news/naturecenter/448/ 何を学ぶことができたか? 木の組織は中央から各組織で、できており順番に心材→辺材→木質部→形成部→内樹皮→樹成り立っていることを初めて知れた。 そして少し自分がびっくりしたと思った所があってそれが根本が広くなっているほうに年輪が広くなることにびっくりし、だから崖っぷちにはえてる木々の根元のほうは形がおかしいんだなと思いそれをしって解決できました。  

2022年11月20日

「楽しみ方いろいろ」

「宝の山ふれあいの里について」

中央自動車道・都留インターから車で約15分。
自然豊かな里山の暮らし・風景を残した山梨県都留市にある里山キャンプ場と
自然の中で生きるチカラを学ぶネイチャーセンターが併設された複合施設です。

# 森のコテージ

全6つのコテージ全て電気・水道・ガス完備。山あいの静かなコテージでご家族や友人たちと大切な時間をお過ごしください。

# テントサイト

宝の山のテントサイトは1日4組限定のフリーサイト。視界を遮るもののない広々としたサイトで里山の風景、星空をお楽しみください。

# バーベキュー場

宝の山のバーベキュースペースは日帰りでもお使いいただけます。近くで川遊びや山の散策も楽しめますので、子ども会などにも是非活用ください。

# 里山散策

都留市が保有する約14.5haの広大な森林とかつて存在した鉱山の跡地を活かし「里山」を感じ学びめることができます。

# 清流遊び

宝の山から歩いて5分の場所には清流「大幡川」があります。川遊びが楽しめるスポットや、上流へ行けばイワナやヤマメなども棲む美しい水を楽しむことが出来ます。

# ネイチャーセンター

豊かな自然とそこに根付く里山の文化を体験しながら子どもたちの年齢、課題にあわせた「生きる力」を育むプログラムの研修開発と実施をおこなっています。